体への効果効能について

アロマテラピーは心身をリラックスさせ、健康を維持する手助けとなるものです。アロマテラピーは植物などから精製した精油を用いて、それを体に塗布したり、熱して蒸散させ、香りを発生させることで効果を発揮させようというものです。精油のよってそれぞれの役割がありますが、多くの人に用いられる精油の一つにベルガモットの精油があります。ベルガモットは、ミカン科の植物で、その果実の皮から精油をとります。香りは柑橘系のさわやかな香りですが、柑橘系の中でも優しい香りの部類に含まれます。精油の中には独特の香りを持つものもありますが、ベルガモットの精油は優しい香りであるため嫌いな人が少ない香りの一つと言われています。神経系に効果があるとされ、気分が落ち込んだ時などに使用すると心が軽くなるといわれます。それと同時に気分を落ち着かせる作用もあるので、睡眠前などに使用することもあります。神経系の効果の他に、消化器系への効果もあるとされ、ストレス性の胃腸障害などがある人が用いることもあります。使用するときの注意としては、ベルガモットの精油は光毒性があります。光毒性とは光(紫外線)に当たると肌がやけどのような状態になりダメージを受けることです。ですから、肌に使用した後、日光に当たるのは避けるようにしましょう。最近では光毒性の原因となる成分を除いたベルガモットの精油も売られています。

Comments are closed.