ベルガモットの精油について

}PgžxQ

 

名前にあまり馴染みはないベルガモットの精油ですが、
実際の香りを確認すると柑橘系で親しみやすい香りなのです。
アールグレイという紅茶に着香する材料となっている他、
コロンなどにもよく使用されています。

その香りの原料は主にイタリアで生産されている柑橘類の果実です。
香りが良いため精油として様々な用途に利用されますが、
味はとても苦く食用にはされていません。

成分は他の柑橘類がリモネンという成分を主体にしているのに対し、
酢酸リナリル、リナロールを主成分としており、独特の香りを醸し出しています。

その精油の効果には多様なものがあり、最も注目されているのが精神面への作用です。
柑橘系の香りで心を正常に保つ働きがあり、イライラを鎮めたり逆に気分をハツラツとさせたり、
シチュエーションによって多彩な働きをしてくれるのです。
そして眠れない方には、快適な眠りを誘う効果もあります。

また胃腸の調子を整えたり、食欲を増進させる作用や、
食べ物の消化を促進してくれる働きもあります。

そして美肌にも効果があり、ニキビやオイリー肌を改善してくれる効果も確認されています。
しかし紫外線に当たるとシミなど肌トラブルの原因になるため、
昼間を避けて利用するのが良いでしょう。

このように香りを楽しみながらも様々な効果が期待できる精油は、
常備しておくと必ず役に立つ優れものなのです。

 
キレイモで脱毛